« 古川第2ビル改装工事 吹き抜けホール | トップページ | メディア報道について(1)加計学園騒動の偏向報道 »

2017年8月14日 (月)

DEANFUJIOKALive2017HistoryInTheMaking


NHKSONGS第432回ディーンフジオカスペシャル

先日、SONGSでディーンさんの福島県で開催したライブの様子を放送していたので

あ、これに乗っかって1か月前の東京開催のライブの記事をアップしよう!

というわけで
2017/7/13
DEANFUJIOKALive2017HistoryInTheMaking
有楽町国際フォーラムに行ってきました。
あっという間に1か月経過(

ディーンさんのライブは、2回目です。
前回のライブは、ディーンさんも初めてだったので
持ち歌も少なかったし、今自分が出来ること全部お見せします!
って感じのライブというよりはファンミーティング的な感じでした。

なので今回はディーンさんの言う、ネクストレベルを期待して行ってきました。
さすがに今回は、準備期間もちゃんとあったようで前回は突然決まったらしいから
バックバンドもいて、本格的になってました。

バンドメンバーのドラムが、レミオロメンのドラマーで
今活動休止中なのでお手伝いしてまーす

とご本人が言ってるのを聞いて初めて
え?活動休止してるんだ!
と知るという

ドラムの神宮司さんアメブロやってました。

この記事も1か月前(;)

ベーシストがオーストラリアの方で、バンド紹介の時には
ディーンさんがさらっと通訳をしてました。

こういうの何気なく普通のことのようにやってのけるのが、またかっこよし。

各局でやってた夏の音楽祭の時は
ずっとこのメンバーがバックにいたと思うので
なかなかの仲良しになっている様子でした。

SONGSでもやってましたけど、このライブで初披露した
子ども向けに作ったDoReMiドレミ
という曲。

ドレミドレミ
on123easylikeABC
いろはにほへと
ドレミファソラシド

確かに子供も覚えやすい歌詞とフレーズでした。

ラップとかEDMとか、そういう音楽が好きなディーンさんが
こういう曲を作るのは意外だったので
もしやNHKからみんなのうたのオファーかしら?
なんて思ったのですが笑
ただ純粋に子供たちと歌いたかった模様。

Priceless
プライスレスと聞くと、CMの影響でカード会社が頭に浮かんでたのですが
実は震災後に故郷を思って作った曲だったそうで
ディーンさん、ごめんなさい。

アルバムの中でも好きな曲なのでこれからは心して聴くようにします。

SONGSによると震災後の5月に福島の親族の家に
インドネシアから帰って来てたそうで、ちゃんと目で見ているのですよね。震災を。
そんなディーンさんの思いを想像しながら

ところで
実はEDMエレクトロニクス系のクラブでかかってるような曲が好きという
ディーンさんですが
多分、朝ドラの五代さんのイメージで観に来てるご高齢のファンには
なかなかとっつきにくい曲だったんじゃないかと。
チケットの席番号の文字が小さくて、席を探すの苦戦してる方、結構見かけました。
ワタシ達も老眼入ってきてるんで笑
友達と番号見えないよねと笑ってましたけど。

アルバム聴いてたワタシでも、最近の新曲にはちょっとびっくりだったもので
ちょっとそういう激しい曲の時は周りの人の様子を大丈夫かしらと
うかがって見たりして(;)

そう言えば日本のデビュー曲はラップの曲だったけど
英語の歌詞で歌うバラード系がいいなぁって思って聴いていたので
TVの音楽祭で、EDM系の曲を聴いた時は、あまりのギャップに
ちょっと引いてしまったんですよね笑

これ、今後ディーンさんの悩みどころになりそ。
お客の年齢層とディーンさんの好きなジャンル。

それでもですねぇ、やはり生歌の力というのはすごいもんで
TVで見てるのとライブで聴くのだとやっぱり全然違いますね。
ライブだと体動かしてリズム取りながら聴けるので
EDMって気持ちいいんですね笑
なんて言うんですかね、気だるい感じ。
ちょっと無精ひげはやしてたワイルドなディーンさんにピッタリな。

なのでTVではバラード歌ってて欲しいかな勝手な
MidnightMessengerとかいいですよ。

日本語の歌詞の時の発声と、英語の歌詞の時の発声が明らかに違うので。
英語って割と息で発声するというか。
なので甘い声になるんですよね。ため息とか、吐息系の。
日本語だと地声になるので、ちょっとキツイ感じ。
もともと声が高い方なんだと思うけど、英語の歌詞歌ってる甘い感じが好きです。
()

シカゴとかTOTOの曲、歌ってほしいなぁ

ないなー。絶対ないな。聴いたこともないだろうなぁ

アンコールは、最初に、ギター早弾き。

曲じゃないって言うのは斬新でした。
2曲目はMyDimension

MCでは
ブラック企業みたいなスケジュールだけど
と言って会場をどよめかせましたが笑

こうしてライブが出来て、みんなと楽しく過ごせて良かったと思う

みたいな言葉が記憶があいまいあとに続いて会場をほっとさせてました。

確かにハードスケジュールだなぁと思ってました。

ドラマに映画に、CMに、合間にインドネシアに帰ったり、シンガポールも行ってた?
ライブやったり、曲作ったり。

タフそうだけど、バッタリ倒れちゃいそうで心配でした。

なんとかスケジュールをやりくりして家族に会いに行く時間を作ってるそうですが
そんなブラックなスケジュールでも、人前ではにこやかに
仲間ともしっかりコミュニケーション取り、評判良かったりするんで
この人、ホントすごいな。人が好きなんだなとしみじみ思いました。

ライブはまた来年以降あるといいなぁという感じですが
10月から面白そうなドラマが始まるそうで
しばらくTVでディーンさんを堪能できそうです。
どうか体に気を付けて

« 古川第2ビル改装工事 吹き抜けホール | トップページ | メディア報道について(1)加計学園騒動の偏向報道 »