« 日本語は重いから | トップページ | 古巣へ戻るか、新天地を求めるか »

2017年8月10日 (木)

2017/08/10

壇蜜さんの回顧録みたいなのを

三年前のNHKでやっていたのを見た
青春ブレイクスルーという番組

この時は結婚したばかりで
元夫と楽しい毎日だった。
憂うことといえば
看護学校の受験のことくらい。
祖母の初盆で実家に帰っていたとき
母と一緒に見ていたと思う
壇蜜さんは就職活動に失敗し
自分探しの中母親とぶつかる
涙が出てしまった。母の前で。
おそらく母は無自覚だから
私の涙の意味、わかることはないだろう。
壇蜜さんの母は保育園の先生かなにかで
何かにつけ彼女の心を支配していたように感じる
自分探し
母と自分のあいだでの葛藤
珍しいことではないんだと思う。
ただ、それに耐えられるか、その中で自分の人生を生きることを選べるかは
その人によるんだと思う。
まだ、私は過程の中で生きてて
壇蜜さんはなにか、突破口を見つけた
見つけられたのは
苦しくても、あがいて、もがき続けたからだと思う
そこで、きっかけを見つけられず
長い間苦しむ人もいるだろう。
私も、いつももがいている。
求め続けたら、実現できてないことはあまりないかもしれない
結婚もできた、子どもも持てるかもしれない
司法試験の勉強するお金、時間
アトピーもあと少しというとこまできている。
身体が弱いのも、心を持ち直すことができたら、少しは改善する気がする。
人生を変えたい
大きく息を吸って
憂うことに支配されない人生を送りたい。

« 日本語は重いから | トップページ | 古巣へ戻るか、新天地を求めるか »